ユキコ道に反対という批判をもらったけど、ユキコ道4原則は実践した方がいいよ

私がユキコ道を実践していることをブログに書くと、

「ユキコ道」は美人しか通用しないメソッドだ

テクニックを使うなんて相手と真剣に向き合っていない

「ユキコ道」で寄ってくる男性は、基本的に格下ばかり

などという批判メールをもらうことがあります。

ユキコ道は2ヶ月で相手を見切りますし、自分から連絡をしないので、すごく強気で冷たい気がしますが、その部分は傍に置いたとしても、基本の4原則は守ったほうがいいと思います。

スポンサーリンク

ユキコ道批判をする人たちは、「見切ること」に注視しすぎる

ユキコ道批判をする方々を見ていると、ユキコ道の実践は「相手を早期に見切ること」だと感じ、「相手に対して失礼」などと批判される方が多いです。

私が個人的に感じるユキコ道の本質は、

4原則を守り、男性をきちんと立てられる優しい女性になること

だと思うのです。

経済的にも自立し、男性の話はポジティブに聞き、不平不満や愚痴を言わない、「良い女になる」ということが本質だと思います。

早期に見切るのも「溺愛でなければ結婚してもしょうがない」と、誰かに頼らなければ生きていけない女性ではないことが前提だからです。

だからこそ「美人にしか通用しない」メソッドだとは思わないです。

というか、多分この「美人にしか通用しない」という考え方は、ユキコ道を「金持ちを引っ掛けるメソッドだ」と勘違いしているから出てくる言葉なのかなと思います。

「溺愛」が基準であって「年収」が基準ではないのがユキコ道です。別に相手は金持ちでなくてもいいんですよ。

むしろユキコ道では溺愛されなければ相手が億万長者だろうが気にせずに「今までありがとうございました」と告げて別れて良いと書いています。

テクニックを使うことは相手と真剣に向き合っていないという反対意見も謎です。

今婚活している人は、今の時点で恋人がいない、つまり異性からそれほど魅力的だと思われていないということです。

その現実を受け止めれば、「今の自分から変わらなければ結婚できない」というのが客観的なものの見方です。

もちろん人間ですから合う合わないはあると思いますが、「今の自分をそのまま愛して欲しい」と思うから、婚活がうまくいかない人が多いのだと思います。

私も然りです。以前こんな記事を書いていますしね。

http://gutskon.net/2017/01/01/素の自分を好きになって欲しい%E3%80%80から失敗する/

自分が良い女に変わることは、結果として相手の男性にとっても良いことだと思うんですよね。

だからダメな自分にはこだわらず、さっさと変えてしまえば良いと思います。自分を変えるということは、最初は違和感がありますし、テクニックだと感じることも多いです。

最後に、自分に寄ってくる男性は基本的に「格下ばかり」という意見をいただいたこともあるのですが、「格下」ってどんだけ自分のことを「格上」だと思っているのでしょうかね?と笑ってしまいました。

私が知り合った方は今思い返せば、「格上」たくさんいました。

というか、相手のことを「格上」とかジャッジして見ていないです。

ただ単に好かれているかいないか、合うか合わないかだけです。

競争社会でありがちな、相手を「格上」「格下」と見るのは、あまりお勧めしないです。

基本的に内面も含めて相手が全員「格上」だと思っていればいいんじゃないでしょうかね。

たとえ相手が「格上」だったとしても、「自分が好かれていない」「自分と合わない」と思えばお別れすればいい話です。

相手が「格上」だからってこちらから別れを告げてはいけないわけではないからです。

ユキコ道批判は置いておいて、とにかく「良い女」になろう!

どんなことをしたとしても、批判はつきものですね。

とにかく「良い女」になるべく、

1、常にボジティブ

悪口には乗らない

2、フェザー

相手のことを束縛したり、詮索したりしない。

相手に要求しない

3、凪

ヒステリックになって泣き喚いたり、喧嘩したりしない

4、凛

自立した女性でいる

相手が別れたいと言えば、すぐに手放す

さらに、

相手に心から感心を寄せて、よく話を聞く。

相手の内面を褒める。お礼は何度も言う。

というユキコ道の基本原則を実践し、ひたすら精進して良い女になりましょう。

本当にユキコ道を実践できている女性は、「気が強い女」ではなく「すごく優しいけど、芯がある女」なのだと最近思います。

頑張って良い女になるぞ!!

ユキコ道のまとめはこちらからどうぞ→ユキコ道まとめ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする