婚活相手の態度しか見ないことの重要性

婚活相手、恋愛相手、どんな相手でも良いですが、本当に「態度だけ見て判断」することをお勧めします。

「一緒に遊園地行きたいよね」

「映画興味ある?今度行こうか?」

「おいしいイタリアンのお店があるから、一緒に行きたいなぁ」

デート相手にこんなこと言われて、

でも結局誘わないじゃん!

とムカッとしたことありませんか?

私はありますね。

婚活始めて最初の頃はありました。

でも気付いたのです。

これは決して相手が嘘つきなのではなく、「相手があまり言葉に重要性を持たせない、言葉で自分を縛らないタイプの方」なのです。

こういう方が一定数います。自分がこのタイプでない人は戸惑うと思います。

あれ?誘っていたよね?あれって何だったんだろう?

と思うと思います。

言っていることとやっていることが、乖離している人です。

特にセールストークが口から自然と出てくる営業マンにこういうタイプの方が多いです。

知り合いの営業マンは、とにかく誰かといるときは目に入った事柄の全てを口に出すと言っていました。

「今日天気いいね〜」くらいの感覚で話しているので、あまり1つ1つの言葉を間に受けて期待しないほうがいいです。

だからこそ、本当に行動だけで判断すればいいと思います。

スポンサーリンク

何を言われても受け流す

とにかく何を言われても受け流すことが大事だなと最近また実感しました。

「おいしいレストランに連れて行きたいな」と言われても、「嬉しいです」と答えて特に期待しない。(誘われなくても落ち込んだりしない)

もちろん誘われたら喜んで行きます。

「将来のことを考えているよ」と言われても「あ〜そうですか〜」とサラッと受け流す。具体的な話が出ないのであれば、具体的に今相手が進めたい話ではないのです。

「俺の年収が下がったら、別れる?」と言われても、笑い飛ばす。

あまり相手の言葉を間に受けすぎないほうがいいです。

そして結婚をチラつかせたりされても、自分からガッツかない。

時々自分一人の時間を持って、冷静に「相手の行動だけをお思い返す」ことも大事かと思います。

最近、このスルースキルが相当上がってきたなと思います。

なんだか最近、無理して結婚しなくても、

結婚するタイミングになれば、きっとなるようになるわ〜

と考えているからかもしれません。

今付き合っている人とも、結婚まで考えているかと言われたら「よく分からない」の一言ですね。

出会った時と付き合う時でだいぶ印象が変わり、さらに付き合っていて更に印象が変わっているからです。

相手の言っていることがイコールで本心というわけでもない

ということもあります。

ガッツかなくなる、結婚に焦らなくなると本当に冷静に相手を見るようになるなと思います。

もちろん自分自身の結婚は考えているので、私自身が結婚に向けた行動はきちんとするのですが、精神的には焦らないことが重要かなと思います。

付き合っている人が「旅行に行きたくない?」と言ってくるのですが、特に具体的に何月の何日空いてる?と聞いてくるわけでもないので、「いいですね〜」で流しています。

そして人と付き合いを始めてから、今まで以上に自分の時間、自分の将来やりたいことへきちんと意識を向けるようにしています。

婚活のことばかり考えていると、どうしても恋愛に意識が向き過ぎます。

自分の人生で、他にやりたいこと、夢ってよく考えたら沢山あるんですよね。

女性が恋愛モードに入るとどうしても相手のことを都合よく捉えがちになるので、定期的に自分の仕事や夢に没頭する時間を作って冷静になるようにしています。

そして男性が「甘やかしてよ」という発言をしてきても、私は甘やかさないです。これが吉と出るか凶と出るかは、わからないですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする