杉本彩さんの本「いい男の愛し方」 自立している女性って素敵だわ

杉本彩さんの本「いい男の愛し方」を読みました。

前に読んだ壇蜜さんの本とはまったく違う視点で、杉本彩さんの本もすごく面白かったです。

実は読んだ瞬間にびっくりしたことがありました。

本の内容とは全く関係ないのですが、文章を「〇〇だと思う」という書き方をしていることです。

私の中では杉本彩さんは「〇〇だと思います」と書くようなイメージがあっただけに、読み始めた瞬間に驚きました。

それが読み進めているうちに、「〇〇だと思う」という書き方も馴染んでくるから不思議です。

スポンサーリンク

出会いで男性を魅了するヒント

いい男の愛し方」を読んでいて、婚活でも役にたつなと思ったポイントも沢山見つけました。

最終的に初対面であろうがなかろうが、恋愛であろうが友人関係であろうが、人を魅了するために最も重要なのは人間性、これに尽きる。

(「いい男の愛し方」P.23より引用)

これは結構グサーッときますよね。

「人間性」って言われてしまうと、

人間性って難しいよね。どうしたら人間性が磨かれるのかよく分からないし・・・

と思ってしまう自分がいます。

外見にもその人の価値観は少なからず反映されているわけだから、外見をおろそかにしてはいけない。

(「いい男の愛し方」P.23より引用)

これはその通りですね!人は中身が大事ですが、まず外見をおろそかにしていると中身を知ってもらえないですからね。

そして「気遣い」が大事だということも本には書かれています。

気遣い=サービス精神

これはすごく大事ですよね。私も婚活パーティーやデートでは盛大に猫を被るわけですが、気遣いは大事です。相手に話しやすいように、相手の話をよく聞くことも究極の気遣いなのです。

やってはいけない意外なこと

女性が男性に対してやってはいけないことも本に書いてありますが、これは私もかなり同意できたのでまとめておきます。

1、張り合わないこと

これは特に年収が高い女性、学歴が高い女性、社会的ステータスが高い女性がやりがちなので注意が必要です。

心の中で「あなたよりも知っています」と言いたくなる話を相手の男性がドヤ顔で話していたりしても、「結構学歴が高いんですよ」と自分より低い学歴を男性に自慢されたとしても、「結構稼いでいるので安心してください」と自分より低い年収を男性にひけらかされたとしても、張り合ってはいけないです。

素晴らしいですね。頼りになりますね。と笑顔で返すことが大事です。

男性は本当に「プライドと見栄の動物」です。

そしてそんな男性を相手にするなんて私のプライドはどうなるわけ?と思ってしまう方は、「できる女になればなるほど、どんな男性でも立てられるのだ」と自分に言い聞かせましょう。

男性を立てるってすごく大事です。

あまりにイラッとする相手であれば、さっさと見切ってしまいましょう。

2、酒癖が悪い女

パーティーや飲み会で酔いつぶれないこと、そして酔って愚痴を言わないこと。

これもかなり大事です。

思えば20代の時の私はまさにそんな女でした。本当に最悪ですよね。今思い出しても恥ずかしいですね。黒歴史ですよ。

酒に弱い方、愚痴を言ってしまいそうな方は、お酒を飲まないという選択も賢い選択です。

私もデートの時はあまりお酒を飲まないようにしています。あと、精神的に辛い時、疲れている時は悪酔いをしやすいのでお酒を控えることをお勧めします。(主に自分ですが)

3、自分からしつこく求婚しないこと

「自分からしつこく求婚しない」これも本当に大事だと思います。

「私と結婚する気あるの?」「私と付き合うからには、結婚前提ですよね?」

この脅しとも言える言葉を口にするのはやめた方がいいですね。

相手の男性は追い詰められた気持ちになります。あなたは引く手数多の女性なのですから、何も目の前の男性にそんな覚悟を迫らなくても大丈夫です。

そもそも、こちらから覚悟を迫らないと結婚しようと言いださないような男性と結婚しても結婚後に大事にされるわけがないので、そういう方とは潔くお別れするのが良いかと思います。

杉本彩さんワールドが魅力的

いい男の愛し方」の中には女の本質がわかる3つのアイテムが載っています。

その3つとは、ランジェリー、香り、ピンヒールと書かれているのです。

これを見た瞬間に、「まさに杉本彩さんワールドだな」と納得してしまいました。

杉本彩さんは本当に女性らしい色気に溢れた素敵な方ですよね。それでいてサバサバしていて潔いイメージを持っています。

まさに「杉本彩」になるためにはランジェリー、香水、ピンヒールが欠かせないなと思いました。

個人的には、この3つでなくてもいいと思うのです。

自分の女力を高めてくれるアイテムは「これ」と決めて、自分が自信を持つことができれば何でも良いと思います。

キラキラ光るアクセサリーでもいいし、綺麗な爪でもいいし、ツヤツヤの巻き髪でもいいと思います。

そういう「自分の中の女」を意識させてくれるアイテムが自分の女としての自信につながるように思います。

私は赤い口紅かな。あとは香水をつけることもありますね。もちろんヒールも履きます。ピンヒールではないですけどね。

自分への自信は大事です。

そして杉本彩さんの本を読んでいても感じたことは、「結局自立して、自分を変化させられる女性が魅力的なのだ」ということです。

良くも悪くも安心感を与えない女性が、男性が少し背伸びしてでも追いかけたくなる女性なのかもしれないです。

そしてそんな女性を手に入れたということが、男性に達成感を感じさせるのかもしれないなと思いました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする