学歴が高い女性は、相手の男性のトロフィーワイフを得たい気持ちを利用するのがお勧め

トロフィーワイフって知っていますか?

トロフィーワイフとは、「トロフィー」になる妻のことです。

つまり男性にとって他の男性に自慢できる、「俺はできる男」だというステータスを証明できる妻のことなのです。

どんな男性でもトロフィーワイフが欲しいと心の中では思っています。

少し美人で愛嬌のあるアルバイトの女性よりは、スッチーや看護師さんが良かったり、

周りの男性よりも若くて綺麗な奥さんをもらいたいと40代50代の男性が20代の女性を狙ってみたり、

芸能人と付き合いたいと言ってグラビアアイドルと結婚する経営者も多いです。

スポンサーリンク

高学歴の女性はそれはそれで需要がある

高学歴の女性は、それはそれで需要があります。

これも結婚相談所の方に聞いた情報なのですが、

相手の男性が高学歴の場合、奥さんになる人には同じように子供を教育できる女性を求めることが多いそうです。

つまり東大を出ている男性は、頭がバカな女性よりは、京都大学を出た知的レベルが高い女性の方がふさわしいと考える男性はいます。バカかどうかは学歴じゃわからないですが、学歴で判断するのが手っ取り早いのです。

自分の妻として周りの男性に紹介した時に、ふさわしい振る舞いができる女性を求めている男性はいます。

ただ綺麗なだけであれば、連れ歩くのはいいですが、友達のホームパーティーに同席するなんてことは嫌なわけです。その場で空気読めない対応をされれば男性の評判ががくんと下がるからです。

子供だって生まれれば、医者にしたいだとか、同じ学校に入ってほしいという男性はいます。その時に学歴がない、勉強する習慣がない女性は難しいかなと思ってしまうのです。

よく「うちの子は勉強をしなくて」と言う親がいますが、子供が勉強をしない、学力が低いのは大抵の場合親の責任です。

ベビーシッターをしている方から話を聞いた話です。

両親ともにお医者さんでしっかりした学歴を持つ親の家へ行ったところ、その両親は家でテレビを見ずに本を読んだり、仕事をしたりしているそうです。そんな親の姿を見た子供は、本を読むのが好きな子供になるそうです。そして図鑑などで様々なものに興味を持った子供と一緒に親は虫を育てたり野菜を育てたり、博物館へ行ったりするそうです。

一方、学歴が低い家や勉強する習慣がない家の場合は、親がまず勉強しないです。日頃から本も読まないし、家にいてもテレビを見ているだけだったりします。そういう親の姿を見た子供が自発的に勉強しようなどと思えるはずもありません。

そして親同士の会話にも知的レベルがでます。その会話を生まれた瞬間から聴き続けて育つ子供は、親の知的レベルに合ったレベルになることが多いのです。

つまり、高学歴の女性は高学歴の男性から需要があるということです。

恋人ではなくて結婚相手なのですから、高学歴な男性の中には相手にもそれなりの学歴があったほうがいいと考える男性もたくさんいます。

そして高学歴の男性と話が合うのは大抵の場合、高学歴な女性なのです。

トロフィーワイフを得たい気持ちを利用する

高学歴の女性は、すでにトロフィーとなりうる「高学歴」という武器を1つ持っています。

「学歴」は誰にでも得られないとは言いませんが、1日、1年では得られないトロフィーです。

そこにさらに、美しさに磨きをかけ、そして知的レベルに磨きをかけ、男性をうまく立てられるようになれば鬼に金棒です。

どこに出しても、誰に紹介しても恥ずかしくない妻になれる素質があるのです。

高学歴の女性の1番の問題はプライドの高さだと思いますが、「プライド」とうまく付き合って「相手の男性を立てる」ということができるだけで、婚活の成功率はぐんっと高くなると思います。

高学歴の女性はトロフィーワイフになってみる!という気持ちで、自分に自信を持って婚活してほしいなと思います。

これは高学歴な私の友人(婚活中)に捧げる文章です。