別れを告げた時に被害者面をする人は、別れてよかったと思う

別れを告げる・・・。

辛いものです。

この人とはこの後ないな・・・と思うと、自分ではっきりと別れを告げないといけない。

これが婚活パーティーで出会った相手への誠意ですね。

結婚相談所であれば、どうやら結婚相談所の方が断りを入れてくれるらしいのですが、ネット婚活、婚活パーティーでは相手に別れを告げるのは自分。

結婚相談所ってやっぱりいいですね。誰かが代わりに断ってくれるんだから。。。

スポンサーリンク

別れを告げた時ってやっぱり本性が出るよね

別れを告げた時って相手の本性がやっぱり出やすいです。

私は基本的にユキコ道を実践しているので、自分からデートに誘うこと、自分からプレゼントをねだることは一切致しません。

これは断言できます。一切しておりません。

それにも関わらず、別れた時に

「お前におごってやったのに」

「ものを買ってやったのに」

と言う方がいないわけではないです。

正直、誰が頼みましたかね?と聞きたくなります。

おごってなんて一言も言っていません。

食事に連れて行け、プレゼントが欲しいなんて一言も言っていません。

相手が食事に行きましょう、何が食べたいですか?と聞いてくるから、食べたいものを答えています。

相手がプレゼントをあげたいのですが、何が欲しいですか?と聞いてくるから、今欲しいものを答えています。

後から請求したり、文句を言ったり、被害者ヅラをするくらいであれば、最初から誘ってくれなくていいのに・・・と思います。

プレゼントも記念日だからってわざわざくれなくていいですよ。自分で欲しいものは買いますし。

バレンタインチョコをあげたからホワイトデーのお返ししろなんて、普通女性は言いませんよね。

男性も食事代すら出したくないような女性をデートに誘わなければいいのにと思います。

女性であっても同じです。自分から誘うのであれば、全額出すつもりで誘いましょう。

誘われておいてなんですが、本当に中途半端にご馳走してくれて、別れを告げたら文句言うとか最悪です。

人身売買じゃないんだから、おごったら見返りがあるはずなんて思いませんよね。そしておごったら付き合えるなんて、キャバクラのアフターじゃないんだから!と思います。

そして、別れを告げた時に被害者ヅラをしてくる男性には、その瞬間に

あぁ!よかった!この人と別れて!

万が一結婚してたら大変なことになっていたわ!

と自分の決断を心の底から褒めてあげたくなるのです。

たまには事故も起るもの。

皆さん、目の前で過去のおごったお金を請求されたら、お金を支払って綺麗さっぱりお別れしましょう。そして1秒で相手のことは忘れてしまいましょう。

同時に、そんな男性とデートに行ってしまった、自分の異性の見る目のなさを深く反省しましょう。

私も日々反省だらけですよ。

できる男、稼げる男は全額おごる・・・その理由は

先日雑誌か本で、できる男は全額おごるという話を読みました。

その理由にすごく納得してしまったのです。

できる男、稼げる男の人が全額おごるのは、後で女性に「〇〇してあげたのに」と言われることを防ぐためらしいです。

「プレゼントあげたのに、結婚してくれないなんて騙された」

「〇〇してあげたのに別れたいなんて、損害賠償請求をする」

世の中には別れを告げた時にこんなことをいう女性がいるそうです。

男性だけでなく、女性にも被害者意識が強い人っています。

こういうことと言われることを防ぐための、リスク回避策として女性には全額おごり、プレゼントはあげるけどもらわないということをしているそうです。

賢いです!

できる男性、稼げる男性でこういう人は本当に賢いです!

最近、その方が楽かもなと思います。

女性も後腐れなく男性と遊びたい方は、おごってもらわない方がいいです。

むしろ全額出して、手を切る時はサクッと「さようなら」をしましょう。

器の小さい男性であればあるほど、「おごってもらったし、俺は得をしている」と勝手に納得してくれやすいです。

私も「この人とは今後ないな」と思えば、デートの最後に絶対に財布は出します。

「申し訳ないので出します」と言いますが、本音は「後からごちゃごちゃ言われると嫌だし、関係も清算したいから、出します」だったりします。

正直、こちらがおごった方が気が楽ですよね。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする