こんな性格だけど、相手に合わせる覚悟を決めて婚活しています

このブログを以前から読んでくださっている読者さまには、「ガツ子は相当気が強いな!」と思われているかもしれません。

その通りなので、否定はしないのですが、私は結婚をしようかなと決めて婚活を始めた昨年末から「結婚したら相手に合わせる覚悟」はある程度しています。

というか、今の生活を多少でも捨てて、旦那さんに合わせることができない!と思っていたから20代は全く結婚に興味がなかったのです。

でも結婚すればどちらかがどちらかにより多く合わせないといけないし、日本の場合はそれが女性であることの方が世間一般では多いような気がします。

そして私の場合には、自分が合わせないと結婚もうまくいかないような気がしています。

一応「相手に合わせる覚悟」を少ししているだけで、結婚してから実践できるかは別なのですが、「結婚したら自分が相手に合わせる覚悟」をして婚活に臨んでいるのは事実です。

だからこそ、デートの時に自分と価値観の違う話を振られても「そういうのもいいですね」(好きなことをすればいいよ)と思って話をしています。

ただいくつかこれだけは我慢ができないポイントがあって、それが

・人生に対して向上心のない男性が嫌

・男性が家族を養うという意識がなく、家事や育児は女性の仕事と思っているのに金銭負担に関してのみ「男女平等」という男性が嫌

・DVをしてくる男性が嫌

・借金やギャンブル癖がある男性が嫌

というものなのです。あくまで私の場合ですが。

それ以外は、ハゲでもデブでもブサイクでもチビでも、デートしたりしています。

もちろん人間ですし、ロボットじゃないわけですから、フィーリングで「この人は違うかな」と感じれば断ることもあります。

失礼なことをされたりとか、暴言を吐かれたりとかもサクッと断ることがあります。

スポンサーリンク

真剣に婚活しているのに「真剣じゃない」と言われる謎

真剣に婚活をしているのですが、断った男性に「真剣に婚活していない」と言われたこともありますし、デートしている男性に「結婚する気ないでしょ」と言われたこともあります。

これが最近の私には相当謎なのです。

確かに「どうしても結婚しないと死ぬ」というような悲壮感は漂わせていないですし、心の奥底では「最悪結婚できなくても、それはそれでしょうがない」と思っている部分があることは否定しません。

仕事が大好きだということも前面に出しています。

それでも「結婚に真剣じゃない」と思われるのは何故なのでしょうか?

普段ヘラヘラしているからですかね?

または「結婚する気ないでしょ」の言葉の裏に、「結婚したい気持ちがあるのか、正直に俺に教えてくれ!」という気持ちが入っているのでしょうか?

「あまり結婚する気ないでしょ」と言われるたびに、「ポカ〜ん」と口を開けて「何故?」と思って首をかしげています。

でも、最後に落ち着く結論は、自分の心の奥底は相手にはわからないということですね。

私は真剣に婚活していないと言われることもよくありますが、それ以上に「悩みがなさそう」と言われるタイプです。

これはしょっちゅう言われます。かなりの高打率で言われます。「ガツ子は悩みがなさそうで良いよね!」と。

悩みがない人なんてこの世にいないでしょ!?

と思うわけですが、ヘラヘラしているから悩みがなさそうに見えるようです。

これと同じ現象が「婚活に対して真剣かどうか」という事柄に対しても起こっているのかなと思います。

「悩みなさそう」と言われる人は、意外と「悩みなさそう」と言われることが悩みなんです。

婚活でわざわざ時間を使っているのに、真剣に婚活していない人なんていません。

そして人間なのですから、悩みがない人もいません。悩みを他人に見えないようにしているだけなのです。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする