最近、人の話が聞けるようになってきて、嬉しい

最近、人の話が聞けるようになってきたな、と自分で感じます。

思い起こせば昔の私は「人の話を全く聞かない」「マシンガントーク」のような女でした。

それが社会人としての経験をして、最近は婚活をして、徐々に人の話が聞けるようになってきたなと感じます。

これはあくまで主観的な自分の判断になるのですが、主観的だったとしても、この変化は自分にとっては嬉しいです。

かの有名な「人を動かす」という本でも「人の話を興味を持って聞きなさい」(誠実な関心を寄せる)と書かれています。

久しぶりに読んだのですが、前回に読んだ時よりもすごく納得感がありました。

大事な本は何度も読まないとダメですね。

あとは喧嘩をしないということですね。

昔は結構短気ですぐにやりあっていたのですが、最近は喧嘩をふっかけられても応戦しない、ひたすら流すようになりました。むしろ相手に対して「そうですね。」と相手の勝ちを認めることも多くなりました。

喧嘩は良くないですね。

人は皆、価値観が違うので、はたから見るとどちらが正しいということもない喧嘩が多いです。

自分が当事者になると「自分の方が絶対に正しい。自分の方がまとも。自分の方が明らかに公平・公正」と思ってしまいがちですが、きっと違うこともたくさんあるのだと思います。

全ての喧嘩はミスコミュニケーションから生まれているそうです。

お互いが自分の価値観を横において話し合わない限り、解決することは難しいんだなと感じます。

それと同時に相手に100%理解してもらおうと思わなくなりました。

他人に100%自分を理解してもらうのは難しいです。自分は相手をできる限り理解したいとは思いますが、相手に理解してもらおうと思わなくなりました。そう考えると言い訳もしなくなりますね。これは良いのか悪いのかはわかりませんが。

スポンサーリンク

とにかく、会っている時は愛情を持って優しくする

メールの返信は相変わらずの遅さですし、そっけないメールを送っているなと思います。

メールの改善は難しいですね。少しは相手を思って優しいメールを送ろうと思ったとしても、結局作ってみたらそっけないメールになりますね。事務的なメールと言いますか・・・。

ユキコ道を実践しているから、と思っていたのですが、元々の性格の問題かなと最近考え直しました。

「最近、こんなことあったんだよね〜」という自分の近況報告や、「実はこんな事情がありまして」という言い訳じみたメールを送るのが嫌なのですね。

メールって必要以上に送るのは、相手の時間を奪う行為だと思うし、「返信しなきゃ」というプレッシャーを与えるものだと思います。

そんなことないよ!コミュニケーションだよ!と思う方もいると思いますが、私は完全にプレッシャーを感じるタイプです。

だから、自分からは相手に送りたくないんですね。長文メール、暇つぶしメール。

もちろん1度も送ったことがないわけではないです。

たまには寂しくなって送ることも・・・3年前くらいにあったかな・・・?

最近もデートしている相手に、メールの返信が遅いと軽く言われました。

私としては、以前よりも早く返しているつもりだったのですが、やっぱり感覚の違いって出ますね。

とにかく、メールではそっけない私ですが、会った時は相手を大事にしようと、できるだけ笑顔で相手の話をよく聞くようにしています。

最近、相手の話をよく聞くようになったからか、話かけられることが増えてきました。そして会っていると長時間拘束されることも増えてきました。

自分の話を聞いて欲しい人が世の中にはたくさんいるな。

そして、一人暮らしで寂しいのだろうな、という人が世の中にはたくさんいるな。

と感じます。

デートしているのですから、当然会っている時は最大限に優しく接します。

これを打算と言われたらそれまでですが、自分も「無理!」と思わない程度の好意は最低限持っていますし、ましてや相手から誘ってくれてデートしているのですから、会っている時くらいは相手が楽しいと思える場であればいいと思います。

失礼なことをされれば、速攻で帰る気満々ですが、優しく接していると失礼なこともあまりされないですね。

「癒しを求めている」というよりは、「自分の話を素直にウンウンと笑顔で聞いてくれる人」を世の中の人は求めているのかなと思います。

とにかく会っている時は優しくするので、私とデートした人はその分仕事頑張って、皆さん出世してもらいたいですね。

私も結構忙しいので、出世に忙しいくらいの方の方がありがたいです。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする