婚活デートで韓国料理に行ってきました

婚活デートで韓国料理へ行ってきました。

「男性のしたいようにさせる」ことがデートの基本ですが、「何が食べたい?」と聞かれたらその場で素直に食べたいものを答えています。

スペイン料理だったり、韓国料理だったり、和食だったり、まぁいろいろですね。

「何でもいいです」というと相手が困るかなと思うので、とにかくジャンルくらいは言うようにしています。

早く「ラーメン」「焼肉」と答えられる相手が欲しいです。

3回くらいのデートだとラーメンや焼肉は口に出せないですよね。本当は食べたいですが。

フレンチやイタリアンもいいですが、ラーメンや焼肉は私のなかでは相当の大好物なのです。

スポンサーリンク

注文したのは定番のチゲスープ

韓国料理のお店に入った瞬間の、「いらっしゃいませ〜」という少しなまった店員さんの日本語を聞き、

そうそう!店員さんは韓国人!

これが本物の韓国料理屋さんって感じだよね!!

と感動していました。

その日の私は韓国料理が楽しみすぎて、デートが始まってからずっとニコニコしていました。

一緒にデートした相手にも「楽しみです」「嬉しいです」をひたすら念仏のように伝えていました。

席に着くとすぐに、デート相手と一緒にメニューを眺めます。

どれも美味しそうで、選ぶのが難しいです。

デート相手がおいしいお店を探してきてくれただけあって、どれも本当に美味しそうなのです。

ビビンパにするか、キムパにするか・・・スンドゥブチゲにするか・・・

私はメニューと真剣ににらめっこをして悩んだ結果、チゲスープに決めました。

本当は全部食べたかったけれど、全部食べられるほど胃の容量は大きくありません。これは悔しい・・・。

チゲスープを選んだ理由。

韓国料理はビビンパもチヂミもキムパもサムギョプサルも、大抵家で作れます。

そしてどうしても食べたい時は自分で家で作って食べています。

しかし韓国風のスープは、なかなか美味しく作れないのです。

コチジャンとか甜麵醬とか謎のパウダーなど色々と入れるのですが、結局は本格的な韓国料理屋さんのような味の奥深さが出ないのです。

久しぶりに本格的な韓国のチゲスープが食べたい!

と思ったのがスンドゥブチゲを選んだ決め手でした。

注文の品がそれほど待たずにテーブルへと運ばれてきました。

かぐわしい香りと見た目に思わず、

「いただきます!」

いつもより少し大きな声で食前の挨拶をすませると満面の笑みを浮かべ、私は箸とスプーンをつかんだのでした。

右手に箸、左手にスプーンが韓国料理を食べる際の基本スタイルです。

一口入れると、辛味のきいたスープが口の中に広がります。

スープが美味しい〜〜!

本格的!味に深みがある!

これが食べたかったんだよね!本当に幸せ!

スープが五臓六腑に染み渡るような感覚がします。

やっぱり韓国料理は最高だわ!幸せ!!

私は久しぶりに大好きな本格韓国料理を食べて、デートに来てよかったと心から感じていたのでした。

そしてこの店を予約してくれた男性が、今まで以上に素敵に見えるのも、おいしいもの効果なのかなと感じます。

私はどうやら食べ物に大いにつられるタイプのようなのです。

当分また韓国料理にはまりそうな気がします。

韓国料理にはまって家でも外でも韓国料理ばかりを食べていた頃の情熱を思い出してしまいました。

一番好きな韓国料理はサムギョプサルなので、いろいろなお店へサムギョプサル巡りをするのも良いかもしれません。

デートの場所はサムギョプサル縛りにする、とかですね。

そうなったらもはや韓国人と付き合った方が良いのかもしれないですが、それはそれでインターナショナルで楽しい婚活になりそうです。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする