ユキコ道で大事なことは、まず自分がユキコ道を完璧にやること

最近「ユキコ道」にはまり、「ユキコ道」を実践することを意識しています。

男性とデートしていたり、パーティーに参加していると、

あ!この人私にそれほど興味ないわ!

とすぐにわかります。

口ではうまいことを言っていても、態度に出ますね。行動に出ますね。結構行動を見ているだけでわかります。

特に営業系の仕事に携わっている男性の場合には、社交辞令も適度に上手なので「私に気があるのかしら?」と舞い上がってしまいがちです。これは危険です。

営業職にとって社交辞令なんて、挨拶代わり、口癖程度です。「ぜひ今度一緒に飲みたいです」と言ってきても「具体的に誘うことはない」なんて日常茶飯事ですからね。

そしてユキコ道を知ると、ついつい「自分に対して溺愛してくれる男性以外見切っていく」ということを意識してしまいがちです。

しかし、ユキコ道で本当にしなければならないことは、「自分が男性にとって居心地の良い女性になること」。

つまり、自分自身がユキコ道を完璧に行動することなのだと最近強く思うようになりました。

ユキコ道のまとめについてはこちらのページをご覧ください。

http://gutskon.net/ユキコ道まとめ(未婚)/

スポンサーリンク

中途半端ならやらないほうがマシ?

おうむ返しも中途半端

ポジティブも中途半端

凪も中途半端

フェザーも中途半端

凛も中途半端

これではどれだけ相手が良い人であったとしても、自分のことを溺愛するほど本気で好きになってくれるわけもないのです。

相手に寄りかかる気満々。いつでも不平不満を言っている。都合の悪いことがあれば喚き散らすかすぐ泣く。人の話を全く聞かない。相手に対する要求要望が多い。重い。

ユキコ道と正反対の女性であれば、このような特徴になるわけですが、私が男性の立場だったらこんな女性は嫌です。そして、もし私が女性の立場で男性を選ぶとしても、こんな男性は嫌です。

そして自己流で中途半端にユキコ道を実践することは効果を半減するばかりか、私の場合「ただの気の強い女」になってしまいがちだと感じます。

ということで当分は自分に対して相当厳しく、厳格にユキコ道を実践していきたいと考えています。

上の5つを完璧にこなして、良い女になれるように仕事からプライベート、デートまで自分にハッパをかけていきます。

もちろんまだまだできていないことたくさんありますが、1歩ずつ着実にやっていきます。

まずは自分が変わる→そうするとそれにふさわしい異性から好かれる

ということですね。

自分の努力する方向を、相手を選別するとか相手を切る、ということではなく、自分を律する方向に向けないといけないんだな、と最近思うようになりました。

正直、実践していると「こういった場合はどうしたら良いのだろう?」という具体的な疑問もたくさん出てきます。

例えばデートの相手に「好きになるタイプの男性はどんな男性なのですか?」と聞かれたりですね。

(前向き、向上心、器の広さ、稼ぐ気がある人がいいです。)

どこまで正直に答えるか迷いますよね。

今の所、「優しい男性がいいです」とか「尊敬できる男性がいいです」と答えていますが。

また質問によっては、正直「もう少し親しくならないと教えたくない」という場合もあります。

そういう場合のうまい切り返しなども毎回悩んでしまいます。

悩んだ時は公式ブログを参考にするわけですが、基本的なスタンスである原則に沿って考えれば自ずと答えが出てくることも多いです。

もともと恋愛スキルというか、女性としてのスキルが低いことは自覚しているので、新入社員のような気持ちで、

とにかく100%忠実に行動する

という気持ちで頑張ろうと思います。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする