アイムシングル(I’m single) 体験談 中間投票の結果、撃沈

オタク向け婚活パーティーで名高いアイムシングル(I’m single)へ参加してきました。

今回は2回目ですが、女性の年齢制限ギリギリ(30代半ばまで)のパーティーへ参加してきました。

1対1の面談をこなしていると、相手の男性に年下が多いことに気づきます。

そして女性だけで集まった際にも参加女性が20代後半が多いと気づきました。

前回の記事はこちらをご覧ください。

http://gutskon.net/2017/03/26/アイムシングル(im-single)-体験談-1対1の面談がま/

同じテーブルについた女性と話をしていると、スタッフさんから「元の席に戻ってください」と促されます。

そして、一人一人に中間投票の結果が渡されるのですが、

中間投票の結果は・・・・・・

はい!見事撃沈いたしました。

私が選んだ人からは誰一人として選ばれませんでした。

一方、私を選んでくれた人も2人だけいて、ちょっと嬉しかったです。

なんて良い人なの!

スポンサーリンク

フリータイムも苦行

この後フリータイムが始まります。

1回目は男性が選ぶフリータイム。

ここでは私がアプローチシートで選んだ男性が席に来てくれました。

あら・・・もしかしていけるのかしら?

淡い期待が浮かびます。

とはいえ、たまたま近くにいただけなので、休憩したかっただけ又は行く場所がなくて近くの女性に声をかけたという可能性も否定できないのです。

私はその男性とのトークを無難にこなしました。

さっきよりもヤケに熱心に話をしているなぁ。

それにしても、コレクション自慢かぁ・・・。

オタクの方の中には1部屋まるまるコレクション部屋にしている方もたくさんいるようなのです。

確かに自分の好きなものに囲まれてるって幸せだよね。

男性のコレクション自慢を聞きながら、「そんな商品も出ているんですね」などと相槌を返します。

うんうん。自分が知らないおたく分野の勉強になって、これはこれで楽しいね!

そして2回目は、女性から選ぶ番です。

なぜか今回は男性から選ぶ回、女性から選ぶ回ともに、大本命カードの発動がありませんでした。

前回大本命カード発動したのにね。

それに、結構大本命カードの発動回数は多いらしいと、先ほど他の女性から情報収集もしています。

そしてスタッフさんが声をかけても、女性から選ぶ回では動けずにいる女性が多数です。

休憩中にし〜んと静まり返るくらいおとなしい女性が多い今回のパーティーで、積極的に動ける女性が少ないのも納得です。

私も動けませんでした。

・人気がないし年増なのに適当な男性のところに行ってもね、と軽く自虐的になっていた

・私に投票してくれた人のところに行きたいけれども、顔がわからなくてパッと探し出すことができなかった

(顔と番号が一致しないし、男性の間を練り歩いて相手を探し当てる勇気はなかった)

という2つの理由でした。

優しい女性スタッフが促すものの、なかなか女性は動けません。

奥手で可愛い子ばかりだね!今回!

私は奥手というわけではないですが、奥手な女の子たちを隠れ蓑にその場から動かないという姑息な手段を使うことにしました。

すると、今回のスタッフさんは優しくて「では、男性から行ってあげてください」と促していました。

今回のスタッフさんは美人な上に優しいんだね。

やっぱりあなたが一番人気だと思いますよ!

とその気遣いに感動してしまいました。

私のところに来てくれた男性は1人。

それは、私に投票してくれていた人でした。

胸元の番号を見てやっとわかりました。

あーーーーー!この顔の男性覚えているわ!

あなただったのですね!

ところで、どこに隠れていたんですか?

今まで気配を感じなかったけど、職業は忍者でしたっけ?

と思っていました。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ