婚活デート 初心者が失敗するおうむ返しの注意点 その2

婚活パーティーで知り合った相手と食事のデートに行きました。

婚活デートで初心者が失敗してしまう「おうむ返し」をする際の注意点について、私の体験をもとに紹介したいと思います。

「おうむ返し」はひたすら相手の話を聞きます。

すみの隅まできちんと聞きます。

それが前提になるのです。

これほど真剣に相手の話を聞いたことがない!というくらい、そうとう真剣に相手の話を聞くことが前提なので、慣れていないとデートの時は相当な忍耐を要求されます。

私もうまく相手の話を聞くように、相手にきちんと「おうむ返し」できるように、いつも以上に集中して相手の話を聞きました。

時に頷き、時に「おうむ返し」。

しかし相手の話が止まらないと、「おうむ返し」どころか、「えぇ・・・はい・・・」と相槌をひたすらうつだけの時もありました。

「おうむ返し」を繰り返していると、相手のことがよくわかります。

しかしここで問題が発生したのです。

相手の話を聞くことに集中したせいか、

いつもよりも少量しか食べられない!!!

という、「たくさん残さず食べましょう!」というユキコ道の教えとは正反対の「少しの量でお腹いっぱいです女子」に成り下がってしまったのです。

いつもは普通の女性以上に食欲がある私。

しかし相手の話を集中して聞いていると、食事を口に運ぶ回数が減ります。

結果、ゆっくりと食事をとることになり、たくさん食べなくても満腹感に襲われてしまうのです。

美味しかったからもっと食べたかったのに、もうお腹に入らない!

どうして今日だけ私はこんなに少食なのか!

という気持ちと、

これはチャンスかもしれない!

「おうむ返し」に集中していると、勝手にダイエットになるわ!

と全く自分にとって都合の良いことばかりを考えていました。

スポンサーリンク

いつの間にか食事までとってもらう始末

デートでの食事については、「自分から取り分けた方がいいかな」と普段思うことも多いです。

ただ、その時のデートの相手は「お互いにアラカルトを食べるぶんだけ取り合いましょうスタイル」がお好みのようでした。

そこで食事の初盤はきちんと自分でとって食べていました。

しかし途中から「おうむ返し」をし、さらに相手の話を集中して聞くあまり、手が止まります。

ハッと意識を手元に集中させると

????? 

なぜかお皿の上の食事が増えているのですが・・・

なんとデート相手が食事を取り分けてくれているじゃないですか!

まずい、まずいと思いつつも、「ありがとうございます!」とお礼を言い、美味しく食べる私。

「おうむ返し」で相手の話に集中し、食事の取り分けもするっていうのは、高度な技術なんですね・・・

私は、いつの間にか「取り分けしない女子」に成り下がっていたのでした。

「おうむ返し」って本当に色々なところへ影響が出ます

とにかく相手の話を聞くあまり、それ以外何もできなくなるというのが、初心者が陥りがちな失敗だと感じました。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ