ゼクシィ縁結びパーティー×シャンクレールへの参加 体験談 年下と解説員

ゼクシィ縁結びパーティーと婚活パーティー「シャン・クレール」との共同開催の「話しコン」に参加してきました。

会場の入り口で受付をすませると、すぐにブースへ案内されます。

ブースには既に男性が座っていたので笑顔で挨拶をすると、机の上に置いてあったプロフィールシートへの記入を始めました。

前回の記事はこちらです。

http://gutskon.net/2017/03/11/ゼクシィ縁結びパーティーxシャンクレールへの-3/

プロフィールシートを書き終え、ぼーっとしていると隣の男性が話しかけてきました。

隣の年下男子

「このパーティー初めてですか?」

「はい。初めてです。」

隣の年下男子

「僕は2回目なんです。友達に誘われて」

「友達に誘われたのですね」

と会話を続けます。

そんな当たり障りのない会話をしながら、

なかなか良い人だ。この人もありだな。

ところで年齢はいくつなんだろう。同い年くらいかな?

と考えていました。

隣の年下男子と話をしていると、突然マイクを通した女性の声が聞こえます。

女性スタッフ

「本日はお集まりいただきましてありがとうございます。」

ブースで仕切られているため、スタッフの女性がどこにいるのかわかりませんでした。

ここは、マイクを使うんだね!

館内放送みたいな司会進行だなぁ

と思いながら、パーティーの流れについての説明を聞いていたのでした。

スポンサーリンク

1対1の面談開始と参加者

放送が終わるとすぐに1対1での面談が始まります。

まずは同じブースの男性との会話です。

ここで初めてプロフィールシートを交換したのですが、交換してびっくり!!

あらあら10歳以上年下じゃない!

そう、隣の男性はまさかの20代前半だったのです。

今回参加したパーティーって30歳以上の男性が参加対象のはずだけど、どうして20代前半男性がいるの?おかしくない?

私は疑問に思いながらも、

さすがに10歳以上年下の男性に「この人もありだな」はないわ!

あちらが完全に私は無しだろうし。。。すみませんでした!!!

と気まずく感じ、冷や汗が出そうになっていました。

とにかく年下の彼とは無難に1対1の会話を終えるよう努めます。

そして、次に面接をした方が、かなり個性的でした。

ひたすらパーティーの仕組みについて話し続ける男性だったのです。

仕組み解説員

「このパーティーは1対1の面談時間が短いでしょ?しかも1度きりしか会えないから、今会った時に連絡先を交換しないと連絡できないんだよ」

いきなりマシンガントークを開始したかと思うと、いきなりこんな話をされ、すごく戸惑ってしまう私。

「はぁ・・・そうなんですね。1対1でお話しできるのは1度きりなんですね」

私は適当に話を合わせます。

もしかして私の連絡先が欲しいということ?会ってまだ10秒なんですけど・・・

しかも、仕組み解説員から連絡先を渡してくるわけでもないし・・・この人は何がしたいんだろう?

仕組み解説員

「そうそうだから、今もらわないと連絡できないんだよ。いつもは大きなテーブルにみんなが座ってって感じだけど、どうやら個室ブースに変更になったみたいなんだよね」

「そうですか・・・」

もしかしてただパーティーの運営方法について文句言いただけなのかな?

さらに、仕組み解説員の説明は続きます。

少し私が婚活パーティー「シャン・クレール」のパーティーの仕組みを理解したところで、交代の時間になりました。

スタッフ

「5秒前です・・・5、4、3、2、1。・・・・・・それでは次の席にご移動をお願いします」

仕組み解説員

「ほらね!もう終わりでしょ」

仕組み解説男子はがっくりと肩を落としています。

私はすかさず、

「ありがとうございました!!」

とお礼を言ったのでした。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ