溺愛結婚を目指すならパーティーで積極的な男性を選ぶべきか

ユキコ道を実践し、「溺愛されなきゃ結婚しない」と決めるのであれば、婚活パーティーでは自分へのアプローチが積極的な男性を選ぶべきなのかもしれないと思うようになっています。

過去のパーティーでも何人かいました。

・2回のフリータイムで2回とも私のところに来てくれた男性

・2巡目にひたすら「自分は大事にしますよ!」とアピールしてくる男性

・「ブースを移ってください」とスタッフに言われてもなかなか席を立とうとせず、最後にブースの入り口で「ガツ子さんともっと話がしたいです」と真摯な目で訴えてくる男性

こういう人をパーティーでは選ぶべきなのかなと思います。

私の現在のパーティーでの相手の選び方は、

1、中間投票で自分に入れてくれた人、またはフリータイムで自分のところに来てくれた人

2、1の人の中で自分がもっと話をしたいなと思う人

を選んでいました。

自分が中間投票で選んだけど、相手からは選ばれなかった人

フリータイムなどで自分のところに一度も来てくれなかった人

は、自分が「素敵だな」と少し思っていたとしても、心を鬼にして完全に除外しています。

そこで自分の好みを押し通すほど相手のことを知っているわけでもないからです。

どうしても初対面で「いいな」と思う人は、外見が素敵だったり、社交性があったりする人に偏りがちです。

しかし外見が素敵かどうか、社交性があるかどうかで決めるのは、もったいない気がするのです。

人気のない人を狙う

これは結構大事なことです。

スポンサーリンク

溺愛結婚を求めるなら、相手の選び方を変えるべきか

これからは、

1、中間投票で自分に入れてくれた人、またはフリータイムで自分のところに来てくれた人

2、1の人の中で一番積極的にアプローチ(行動)してくれた人

を選んだほうが良いのではないかと思っています。

一度そういう人を試しに選択してみたいと思っています。

5分〜10分程度の話では魅力がわからなかった人でも、1時間、2時間と話すと「あら!この人素敵だわ!」と思う人な場合もあるからです。

噛めば噛むほど味が出てくるスルメ男。

そんな人が自分を心から大事にしてくれたら、それも幸せだと思うのです。

とにかく、二人っきりでデートしてから決めればいい。

第一印象はあてにならない時もある。

生理的に嫌でなければ、次からは一番積極的にアプローチしてくれた人を選んでみたいなと思っています。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ