玉の輿婚は相当大変

結婚相手選びで失敗をしたくないと思うのは当然の事だと感じます。

特に自分が会社を経営していて従業員に対して責任がある場合、伝統的な家で育ってきて家を存続する必要がある場合などは尚更です。

結婚は生活ですし、人によっては家の問題でもあります。

相手が自分の家にふさわしいのか、そして自分がその相手と結婚することによって家や家業にリスクがないかを考える必要が出てきます。

玉の輿に乗るのも良いですが、家柄が良い家へ嫁ごうと思った場合には、身辺調査や親族・家族の調査をされるのは当たり前です。

相手も変な嫁、配偶者に来てもらっては困るのです。恋人ではなく結婚相手なので、1度の失敗が大きな傷になり、リスクになります。

そして家柄が良い家に嫁ぐ場合には、覚悟として今までの自分の家や価値観を捨てて相手の家に奉公に入るくらいの気持ちや決意が必要だとも思います。

これは人によっては相当辛いと思います。

私の知り合いの中にも良い家柄のお家に嫁いでノイローゼになってしまった人がいます。

ノイローゼになった私の知り合いの場合には、

・旦那さんは家を継ぐ必要があり、旦那さんの実家で義理の両親と同居。

・家では基本的に家政婦扱い。お姑さんの指示に全て従う。

・子供にはほとんど会わせてもらえない。(義理の母が育てる)

・子供の教育方針を決めるのは100%義理の両親。自分が口を挟むことは許されない。

という家でした。

旦那さんはもちろんかばってはくれません。そういう家で育ってきたのですから、それが普通だと思っているのでしょう。

スポンサーリンク

玉の輿にのるなら成り上がりが良いのか?

では、成り上がりだったら良いのか。

(成り上がり=1代で財を築いた人)

玉の輿に乗るのであれば、成り上りに嫁ぐのが一番楽そうですが、結局玉の輿に乗ったら乗ったで世間からは「お金目当てだ」と妬みや批判を言われることからは逃れられないかと思います。

また会社が結構な規模まで大きくなってくると、人にはめられたりというようなことも多くなり、精神的苦痛も大変なものになります。

特に成り上がりの場合には、守ってくれる後ろ盾もない場合も多いです。

「生きるか死ぬか」くらいの覚悟でないと、創業から大企業まで育て上げることは難しいのが現実かと思います。

年収1000万円くらいの相手を求めるのならいいですが、資産が数十億円又は年収が1億円を超えるような相手を求めるのであれば、それ相応の覚悟が必要だと年を追うごとに感じるようになりました。

実は私も10代の頃、20代前半の頃は玉の輿婚っていいな、と思っていました。

女の子だからなのか、小さい頃からシンデレラストーリーを読んで育つと、現実が見えずに「王子様が」「いつかお金持ちの美形が」というものに憧れてしまうものです。

「将来はお姫様になりたい」と一度は華やかな生活に憧れた女性も多いのではないかと思います。

私も「玉の輿!いいね!素敵!」と思っていました。

おそらく上流階級を知らなかったからこその妄想だと思います。

しかし20代が過ぎ、30代になり、また自分で独立したりなどをして、様々な人と接する中で「玉の輿婚は相当大変だし。」と思うようになりました。

「相当大変」というのは私にとってという意味です。

家柄、会社、伝統など大きなものを背負うということは、それ相応の対価を求められるということなのですね。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする