いっその事、主夫と結婚するのもアリという話

経済的に自立している女性の場合、いっその事主夫になってくれる旦那さんと結婚するのもありだなとは思います。

私の今の考え方とは真逆に近いですが、ある意味で方向転換しやすい方向でもあります。お互いの役割を完全にスイッチするという感じだからです。

私にとっては、何かを妥協して・・・というよりもわかりやすくイメージしやすい方向転換です。

旦那さんに経済的なことを全く期待せずに、ひたすら家事と育児をしてもらう。そして自分は自由に仕事をし、経済的に家族を支える。

男性を経済的な一家の大黒柱、頼れる存在として見ないということです。

男性を共同生活者、家族、守ってあげないといけない人、という見方で見れば、可能かなとも思います。

稼いでいる女性の中にはそういう男性をパートナーとして選んでいる場合もあります。

昔働いていた会社の男性で面白い人がいました。仕事はできるのですが、すごく自由な発想をしていて人として魅力的な男性でした。

その男性の奥様がすごく稼げる女性で、その男性(旦那さん)のことが大好きだったそうです。

奥様の考えは「私が稼ぐからお願いだから家にいて。仕事はしなくていい。」だそうなのです。

奥様としては、旦那さんが浮気をするのが心配だから専業主夫になってくれて構わないという考えが根本にあるそうです。

その話を聞いた時、

なるほど、そういう夫婦もいるんだな、

と今まで考えていなかった新しい世界を知った記憶があります。

私はどうしても

稼げる男性=オスとして魅力的

と思ってしまう傾向があります。

しかし、男性をオスだと思わなければ、主夫と結婚するのもアリだなと正直思います。

性的な魅力は感じないけれども人間として好きな相手、信頼出来る相手をパートナーとして選ぶという選択肢です。

自分の「結婚」も、よく考えてみれば色々な選択肢があるんだな、と昔を思い出して考えてしまいました。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク