経済的に女性に頼る男性は嫌=専業主婦になりたい ではない

経済的に女性に頼る男性は結婚相手として考えていません。

デートも割り勘になった時点で次は会いませんし、自分の魅力が足りなかったと反省します。

そして専業主婦になってもいいですよ、という男性が良いです。

とも言ってきました。だからと言って専業主婦になりたいわけではないです。

将来のこと、自分の興味、そして最悪離婚する可能性を考えれば、相手がよほどの大富豪でもない限り専業主婦になるのはリスクが高すぎます。

わがままだと言われようが、なんと言われようが、

私の中では男性が経済的に家族を養うことと、奥さんが働くかどうかは別次元の話です。

専業主婦になるのも働くのも好きにしていいよ、と言ってくれる男性がいいです。

そしてそのくらい甲斐性がある男性がいいです。

こんな話をすると、99、9%の人から非難されます。または不愉快な顔をされます。

よっぽど世間の考え方と私の考え方はずれているんだなと感じます。

はい、わがまま!

その通りです。私はわがままなのです。

そんな人いないよ!

そうですね。現実にそんな人は少ないと思います。しかし私は実際に何人か見たことがあります。つまり世界中に何人かはいるということです。

そんな素晴らしい人があなたを相手にするわけないじゃん!

そうかもしれませんね。厳しいですが現実だと思います。相手にされるように頑張ります。

今の時代、そんなに男性だって稼げるわけじゃないよ!

今の時代、様々な稼ぐ方法があります。日本人であればほとんどの方には職業選択の自由があります。稼げていないのは自己責任です。それは男性であっても女性であってもです。私も稼ぐために日々勉強して頑張っております。

婚活はしていますが、

経済的に不安だから相手を探しているわけではありません。

周りの人に見せびらかしたいから相手を探しているわけではありません。

親がうるさい、という理由はちょっとあるかもしれません。

ただ、嫌な相手とでもとにかく結婚しようとは思っていません。

子供は欲しいですが、子供だけを求めれば様々な手段があります。

最悪一人で生活していく覚悟もしています。

結構厳しい条件を出している自覚はあるからです。

500人に会うまでは婚活をあきらめないと最初に言っているのも自分の条件が厳しいことを自覚しているからです。3桁の人、100人じゃ足りないくらいの人数の人とデートする覚悟は必要だろうなと思っています。

ただ、妥協という言葉があまり好きではありません。

「結婚は妥協だよ」と聞くと、「それって相手に失礼だよね!」と思います。

そして婚活をしていて出会う人の中に一定数の自己評価が低い方がいます。

すごくもったいないです。もっと自信を持っても大丈夫!と背中を叩きたくなります。

婚活をしている方はもっと自分にわがままになってもいいと思います。

もっと自信を持っていいと思います。

一度きりの人生なので、好き勝手に生きたらいいと思うのです。

そして自分がいいなと思えない結婚生活をおくっている既婚者の意見も聞かなくていいと思います。

世の中、人の足を引っ張る人もたくさんいます。

本当に自分のことを真剣に考えてアドバイスしてくれる人なんて極一部です。

自分の将来のことを誰よりも真剣に考えているのは、圧倒的な差で他人よりも自分です。

とにかく自分が気になること、自分がやってみたいことはやってみる!行動あるのみ!

そんな気持ちで婚活も進めていきたいと思います。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. タリー より:

    ガツ子さんと同意見です。
    私も仕事は続けたい、でも、大黒柱は旦那さんでないと無理だと思っています。
    なので、結婚したら働いても働かなくてもどちらでもいい、好きなようにしていいと言ってくれている人と付き合っています。
    そういう人、います。
    稼ぐお金の額も重要かもしれませんが、1番は彼に奥さんを養う固い意思と器があるかどうかだと思います。
    お金を稼いでいても自分自身にばかりお金を使う人もたくさんいます。要するにその人の意思なんですよね。

    私はガツ子さんの言っていることはワガママとは思いません。結婚するなら基本のことだと思います。

    ピュア系さん、とても良さそうな方なので上手くいくことを願っています。