誤解される? 仕事が忙しくてデートを断る

突発的なことや自分の意欲、そしていろいろな要素が重なり、急に仕事が積み上がる時があります。

予想できなかったわけではないけれども、こんなに積み上がったらデートする時間ないな、というくらい仕事が積み上がってしまったのです。

そんな場合は相手からデートのお誘いを受けても断るわけですが、一応もう少し会おうと思っている相手の場合には、誤解されないように工夫が必要ですよね。

「お仕事が急に忙しくなってしまったので、当分会えません」

と伝えると、本当に仕事が忙しいんだと思う人と、断る口実にしているのかなと思う人がいます。

断っている側はどちらが理由の場合もあるとは思うのですが・・・。

相手と次も会おうと思っている場合には、

「お仕事が急に忙しくなってしまい、今週末は会えません。来週いかがですか?」

というように、忙しくて断りながらも次のデートの提案ができればいいかなと思うのです。

むしろ次を提案しないと、男性側が勝手に諦めてしまい、音信不通ということもあります。

最近は少し拒絶っぽい仕草を見せると途端に引いてしまう人が多いですよね。拒絶したつもりはなく、その日は無理だと伝えただけでも、次の提案をこちらからしないと相手から再度提案されることはなく、そのまま自然消滅みたいな別れ方です。

私は実はこのお誘いを断るやりとりが最近ありました。

仕事がすごく重なり、睡眠時間を削ってでも終わらせないといけなくなったのです。

そのために、「メールの返信は遅くなります」ということをあらかじめ伝え、「今週は会うことができませんが、来週は大丈夫です」と伝えました。

この伝え方は、相手がネガティブな人だと、徐々にフェードアウトしようとしているのかな?と思われる可能性もありますよね。

でもそう思われたら思われたらでしょうがないかな、とも思っています。

実は私は「間接的に断られてる」ということがわからない女なのです。

なので、自分も「間接的に断る」ということができません。

素直に「仕事が忙しくて会えない」と伝えていますし、今後会いたくなければ「今後は会えません」と伝えます。

「間接的に断る」って難しくないですか?

周りの人を見ていると、「間接的に断っているんだよ、わかるでしょ」と言っている場面を結構見るのですが、「全然わからないよ!」と返したくなります。

「それって断っていることになっているんだ〜。へ〜」なんて感心してしまうことがあるのです。

そんな知り合いのやりとりを見ていると、断り方や好意の伝え方がハイレベルな方は自分には合わないなと思ってしまうのです。

コミュニケーションって難しいです。感じたことややりたいことなど、思ったことは、できるだけ口に出してくれる人がいいなと最近感じるのです。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク