そんなに婚活パーティーにたくさん行っていて、良い人いないんですか?

「そんなに婚活パーティーにたくさん行っていて、良い人いないんですか?」

最近、婚活パーティーにたくさん参加していることを知り合いに伝えた時に、結構な確率でこの言葉を言われます。

あぁ!確かに!婚活していなければ、私もそう思うかも!

と自分の行動が、婚活をしていない人から見れば、おかしな行動に見えるんだな、と感じました。または余程相手に恵まれない人に見えたのか、ですね。

そんな相手の反応に対する私の答えは、「たくさんいますけど・・・へへへ」と笑ってごまかしています。

実際に婚活パーティーに行けば、結婚しても良さそうに見える良い人ってたくさんいると感じます。

この人は良さそうかな、と思った人に婚活パーティーでアプローチして、ふられたり、運良く番号交換ができたりするのです。

そしてそこから、結婚相手として自分の求める価値観に合っているかを見極めるデートが始まるわけですね。

もちろん相手からも見極められるのです。お互いの厳しいジャッジメントです。

27ad9895f3bdf389ecae465b3b165e3f_s

恋愛相手ではなく、結婚相手を探しているので、条件を必要以上にチェックしてしまうのは当たり前だと感じています。

そして、結婚したらもう旦那さん以外の男性とデートできないと思えば、今のうちにたくさんの男性とデートして、いろいろな価値観に触れておこうと思うのです。

そして、婚活は「結婚を前提とした本気のおつきあい」が始まるまでは、同時並行も普通なのですから、1つのパーティーに良い人がいてデートを始めたとしても、正式に付き合うまではパーティーに行き続けるわけですよね。

合コンもするし、紹介だってしてもらいます。

でもよく考えれば恋愛だって、正式にお付き合いするまでは複数の人とデートすることってありますよね。

改めて思うことは、婚活市場の価値観って世間一般からは少しずれているのかもしれないですね。特殊というか。。。

もしかしたら私の価値観が特殊なのかもしれませんが。。。

ただ、一生に1度(になるかもしれない)の結婚です。たくさんの人と会って、いろいろな男性の結婚したい女性像や結婚に求めている価値観を聞いて、自分と擦り合わせて、良い人を選びたいじゃないですか!

結婚後も楽しく暮らしたいじゃないですか!

そのためには、許されている期間にパーティーに行きまくったり、複数の人とデートしまくったり、とにかく積極的に行動するのは良いと思うのです。

婚活パーティーは、客観的にジャッジされた結果を目の前に突きつけられるので、かなり厳しいですが、それでも結果が出るから楽しいよと言うと、友達からは「疲れそうだね」と言われます。

疲れますよ、婚活は。

そしてたくさんの人とのデートは。婚活パーティーでのジャッジメントも。肉体的にも精神的にもかなり疲れます。

午前中のパーティーへ行って疲れてしまい、夕方昼寝をしたこともあります。

かなり体調を崩したりもしました。でも、後悔したくないという気持ちが大きいのだと思います。

どうせやるなら最大限の努力をしたい!

そんな体育会的なノリなのです。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク