婚活 疲れたと思う時 決断が多くて婚活疲れ

婚活をしていると疲れたなと感じる時があります。

まだ1か月くらいしか婚活していないのに、何言っているんだと思われるかもしれません。

でも1か月でも疲れるのです。もしかすると1ヶ月くらいが婚活疲れの最初の壁なのかもしれないですね。

今まで婚活が全くない日常を過ごしてきたのに、そこに強引に「婚活」を入れ込んでいます。生活に「婚活」があることが、まだ慣れない状態です。

1か月くらいだとちょうど生活に異分子を入れた反動が来るのかなと思います。

実際にかなり体調を崩しました。

咳をして、熱が出て、鼻水をかみながら婚活パーティーへ参加・・・周りには迷惑だったに違いありません。

b6b2d5864b39a30ea43123c199df157e_s

婚活をしていると、良く「婚活疲れ」という言葉を聞きます。

「婚活疲れ」という言葉があるということは、それくらい精神疲労が大きいのだということですね。そして「婚活疲れ」に陥っている人が多いのだと思います。

婚活は「お断り」したり「お断り」されたり、ジャッジメントが多いです。

自分も断らないといけない時があるし、相手から断られる時もあります。

これが精神疲労の原因ですね。

何かを始めるということは必ず終わりが来ると感じます。

婚活パーティーでカップリングした♩

ネット婚活サービスでマッチングした♩

と最初は無邪気に喜んでいたのに、そのうちの大半の相手は、最終的に自分から断るか相手から断られる結末を迎えるという現実に気づきます。

とはいえ、マッチングしたりカップリングしてデートをして接する時間を増やさなければ、相手のことを深く知ることはできないわけで、最後の別れを意識しながら、次から次へと前へ前へ進んでいかなければならないのです。

これってかなり精神的に疲れるな、と考えるだけでわかりますし、実際に疲れます。

相手に断るときは、相手が悪いわけじゃない、自分の好み(結婚に求めるもの)と一致しないだけだからこそ、すごく悩みますし、罪悪感に囚われます。

相手から断られた時やパーティーで誰も来てくれなかったときは、相手が気に入った人じゃなくても傷つきます。

以前知った、婚活で300人に会って最終的に結婚した女性は、かなり精神的に強い女性だったのだと改めて尊敬してしまいました。

前に進むということは辛いことですが、「婚活疲れ」を乗り越えてでも手に入れたい結果が結婚なのだとするならば、やっぱり頑張らなければいけないのだと思います。

5年後10年後に笑い話にできるように、あの時は頑張ってたなと思えるように、今を一生懸命頑張ろうと思います。

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク