婚活 メールでのお断りの例文を集めてみた

婚活をしていると定期的にあるのが、お断りです。

・メールのやり取りを何度かした後

・パーティーでカップルになった後

・デートを何度かした後

自分はもうこれ以上、その相手とは結婚は考えられないと思う場合があります。

相手もフィーリングで合わないと感じているのかと思いきや、これ以上はないと思っている相手からお誘いが来ることがあります。

FO、COという業界用語で言われている方法で、無視をする方法も一応あります。

http://gutskon.net/2016/10/05/婚活専門用語%E3%80%80fo-coってなに??/

しかし相手からメールなどで直接お誘いいただいた場合には、きちんとお断りをする方が、相手に対して失礼ではないと思うのです。

具体的にどんなメッセージを送るべきなのか、例文を集めてみました。

私はこれを使ってお断りをしています。

また、これからも素晴らしい例文があればアップデートしていきたいと思っています。

婚活のお断りメールで使う例文で困っている方がいれば、ぜひ参考にしてください。

例文の流れは、

①お礼(パーティーやメッセージなどで相手の時間を割いたこと、相手に出会えたことなど)

②お断りの理由(恋人ができた場合でも、できたということは言わない方がいいようです)

③最後にお祈り(相手の婚活の成功、幸せを祈ります)

の流れが良いそうです。

以下が例文です。組み合わせて使ってみてください。

例文:

先日はパーティーでお話していただきありがとうございます。

先日はパーティーの後、お話をさせていただきありがとうございます。

メール(LINE)で何度かメッセージをやり取りさせていただき、ありがとうございます。

⬇︎

△△さんとのお話とても楽しく感じました。

△△さんとのお話は私にも新しい発見が多く、とても有意義なものでした。

△△さんと◯◯のお話ができて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

△△さんのとても優しくて誠実なお人柄を感じることができました。

⬇︎

お誘いしていただき、とても嬉しく感じておりますが、前回お会いした際に(メールでのやり取りの中で)、

(何度か)お会いした後(メッセージのやり取りをした後)に実はずっと考えておりました。

⬇︎

△△さんとは結婚感や将来の目指している方向が少し違うかな、と感じました。

△△さんとは価値観や考え方に少し開きがあるように感じました。

⬇︎

△△さんには私では不十分だと感じました。

△△さんには私よりももっと合う相手がいると思います。

申し訳ないのですが、結婚を前提とするお付き合いまでに至らないと感じています。

⬇︎

私も自分に合った相手を探しますので、△△さんも頑張ってください。

このまま中途半端にお付き合いをするのも失礼だと感じ、お断りのメールをさせていただきました。△△さんに素敵な出会いがあるように心よりお祈りしております。

△△さんと過ごした時間は私にとってとても有意義な時間でした。お互いに良い婚活になるように頑張りましょう。

お断りメールをするのは辛いですが、最後の誠意と思って勇気を出して頑張りましょう!

ブログランキングへ登録しています。応援していただけると嬉しいです。⇩

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


婚活 ブログランキングへ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク