ユキコ道まとめ(未婚)

スポンサーリンク

婚活をしながら恋愛スキルを上げようと様々な本やブログを拝見する中で、「ユキコ道」という恋愛メソッドを知りました。

私が感じた「ユキコ道」とは、

・溺愛されて結婚するのでなければ一生独身で良いと覚悟を決め、相性の良い相手以外を早期に振るい落とす

・素晴らしい男性にふさわしい、素敵な女性になる

ためのメソッドだと感じます。

「ユキコ道」は男性を立てるメソッドです。いつでも前向きで、男性に負担をかけない自立した女性であることが前提です。もちろんヒステリックになったり泣きわめいたり不平不満を言ったりもしません。

いつでも相手への感謝にあふれていて、それを言葉や態度で実践します。

こんな女性は現実世界には早々いないでしょ!と思うくらい「イイ女」です。

そして「ユキコ道」は恋愛だけでなく仕事や友人など人間関係全般でも役にたつメソッドだと感じました。

興味がある方は、「ユキコ道」を提唱するDr.ユキコのブログをみるか、本を読んで欲しいのです。

→「ユキコ道」公式ブログ

しかしユキコ道の本は絶版になっていて入手困難ですし、ブログも無料ブログでいつ消されるかわからず不安です。

私自身が常に読み返せるように、ここに「ユキコ道」というブログを読んだまとめを作りたいと思いました。もしかしたら私なりの見解が若干入ってしまうかもしれないですが、このまとめを読まれる方はそれをご了承の上、ご覧ください。

できれば本物の「ユキコ道」のブログを全て読まれることをお勧めします。

→「ユキコ道」公式ブログ

ユキコ道基本ルール

ユキコ道は基本ルールとして4つのルールがあります。

①ポジティブ

わざとらしいくらいポジティブに振る舞います。

「君って能天気だね!」と言われるくらいが正解です。

疲れた、辛い、つまらない、太るから、不安だ、頭が痛いなど不平不満は一切口に出しません。

そして人の悪口や批判も言いません。

②フェザー(羽)

いつでもどんな時でもフェザーのように軽い女性でいます。

1、相手のことを詮索しない

・携帯や手帳などを黙って見ない
・昨日何していたの?と相手のスケジュールを詮索しない
・私のこと好き?どう思っている?と相手の気持ちを確認しない

2、相手に一切要求や頼みごとをしない

・メールや電話が欲しい、送り迎えをして欲しいと言わない
・デートはどこに行きたい、記念日には〇〇して欲しいと言わない
・美容院に行って欲しい、酒やタバコをやめて欲しい、痩せて欲しい、早く帰ってきてと言わない

3、相手の行動を制限、束縛しない

相手をひたすら手放します。相手が何かしたいと思ったら全て肯定します。

・友達と釣りに行きたい→素敵ね、いってらっしゃい
・飲み会で帰りが遅くなる→大変ね、いってらっしゃい
・一人旅をしたい→素敵、いってらっしゃい

相手がどんなことをやりたがっても自由にさせます。

③凪

いつでも感情を一定に保つ=凪の状態をキープします。

相手がからかってきたり、わざと怒らせるような言動を取ったり、試すようなことを言ってきても乱されません。

相手の言動に怯えずオロオロせず、泣いたり怒ったりヒステリックになったりもしません。

また喧嘩をふっかけられても応戦しません。

いつでも明るく元気に「そうね!」と全て流していきます。

④凛

いつでも凛と女性としてのプライドを持っています。

1、自分から一切の連絡禁止

自分から連絡をしなければ維持できない関係であれば、あっさりと見切りをつけます。これは相手の本気度を測るためのものです。

2、自分のスケジュール優先

自立した女性である以上、自分のスケジュールがあるはずです。それを優先させます。

3、デート代は全額男性負担

相手にとって自分が趣味である、相手は自分のファン、という状態が基本です。男性が本気で自分を好きであれば、喜んで負担してくれます。

4、「好き、愛している、会いたい、寂しい」は言わない

この4つの言葉を言うのは男性だけです。女性からは言いません。女性はメールにも書いてはいけません。

5、別れ話が出たらすぐに放す

相手にすがったり泣いて責めたりしません。5分で自分から切り上げます。

「今までありがとうございました」と告げて、サッと去ります。

この基本の4つのルールは全て守ることが前提です。例外はありません。

「ユキコ道」は自分を溺愛していくれる本気の男性以外を早期に振るい落とすメソッドだと思います。この4つのルールを実践して怒ったり離れていく男性は、残念ながら自分のことを本気で好きではないということなのです。

基本ルール以外の大事なポイント

4つの基本ルール以外の大事なポイントをまとめました。

①相手が何を言っていたとしても話半分に聞く

「結婚したい」「好きだ」と言われたとしても、浮かれず騒がず態度を変えない

「俺のこと好きじゃないだろ」「不安だ」と言われても態度を変えない

男性は時に挑発してきたり、不安を伝えてきたり様々な話をします。そこに深い意味はない場合も多いです。何を言ってきても基本の4ルールを守ります。

②全ては行動で判断する

言葉では何とでも言えます。この世には「狼少年」「詐欺師」などもいるのです。

「会いたい」と言われても「会いに来ない」のであれば、本気で会いたいわけではない。

「結婚したい」と言われても「両親に会う段取りや新居の手配」など結婚への具体的な行動がないのであれば本気で結婚したいと思ってはいない。

厳しい現実ですが、言葉ではなく相手の態度や行動で相手の本気度を判断します。

③お礼は何度も言う

人は自分がしてもらったことよりも相手にしてあげたことをいつまでも覚えている生き物です。

プレゼントをもらったら「これでもか!」というくらい何度もお礼を言います。お礼は言い過ぎることはありません。

嬉しい、毎日使ってます、センスが良い、素敵、こんな経験初めて、友達に褒められました、色がきれいなど、言葉を変えて何度もお礼を言います。

④会話は全てオウム返し

会話は全てオウム返しをし、相手の話をしっかり聞きます。

相手「今日、会社で同期の佐藤にあったんだよ」

自分「同期の佐藤さんにあったのですか」

相手「最近釣りが趣味らしいんだよね」

自分「釣りが趣味なんですね」

という感じで会話を続けていきます。

人は自分の話を聞いて欲しい生き物だからです。ひたすら相手の話を聞く(尽くす)のです。

⑤2ヶ月で見切りを付ける

2ヶ月以内にプロポーズをしてこなければその時点で見切りをつけます。

2ヶ月は決して短い期間ではありません。本気であればプロポーズしてきます。

「今までありがとうございました」という言葉だけを告げ、さっと別れます。

余計なことは言わなくて良いです。

⑥結婚するまでは同時並行

結婚するまでは同時並行で複数の人とデートするのはOKです。ユキコ道は見切りが早いですし、1人の人とだけ付き合うのは時間がもったいないからです。

またユキコ道では簡単に体を許さないので、複数交際による性のリスクなども問題ありません。

また本気で交際相手に溺愛されている場合にはスケジュールを溺愛する相手に抑えられ、時間的にも気持ち的にも他の方とデートするような余裕は持てなくなります。

⑦洋服は清潔感が第一、迷ったら白

洋服は清潔感が第一です。「朝の女子アナ」スタイルが理想です。

多少野暮ったくてもOK。清潔感を出すためには白。迷ったら白を着ます。

どうしても自分の好みの洋服を着たい!洋服にこだわりがある!という方は、相手と付き合ってから、結婚してから好きな洋服を着れば問題ありません。

Q&A

「ユキコ道」のブログを読んでいく中で知った、状況別の対処法をまとめました。

1、メールの頻度が少ないことに対して

相手が怒った場合→相手は自分に本気ではないので「今までお世話になりました」と見切りをつける

相手が不安な場合→「そうね!」と明るく返すが、メールの頻度は変えない

相手からの連絡が減った場合→自分からは一切連絡をしない。(相手は自分に連絡したくない、ということです)

2、プレゼントやデートの質問に関して

相手に何かを要求したりしない「ユキコ道」ですが、相手から具体的に聞かれた場合には素直に答えます。

プレゼントは何が欲しいのか詳細を教えて欲しい→ゴディバのバニラアイスクリームだったら嬉しい

温泉で行ってみたい宿があったら教えて欲しい→伊東温泉のハトヤに行けたら嬉しい

もちろん自分から「〇〇が欲しい」「〇〇を買って」は一切言いません。

自分の欲しいものは自分で買えば良いからです。

3、デートでお会計の時の対応

お財布は出す必要はありません。「いくらですか?」と聞く必要もありません。

出さないのであれば、最初からそんな素振りを見せたり言葉を出したりする必要はないということです。

食事であれば「美味しかったです。ごちそうさまでした。」とお礼を伝えます。

相手からお金の話をされたら潔くその場は払い、見切ります。(相手は自分へ本気ではないということです)

4、相手から悪口が出た場合

相手から悪口が出た場合も基本的にはオウム返しをします。しかし決して相手に同調はしません。

「いつでも中立」を意識し、相手の話をオウム返しで聞きます。

そして最後に

「そういう考え方もあるのですね」

「そういうこともあるのですね」

で会話を閉めます。

5、「世の中、金」という話になったら

「世の中、金」と相手が言っている場合→「世の中、お金ですか?」とオウム返し。そして会話中は中立を維持。最後に「そういう考え方の方も、いらっしゃるかもしれませんね・・・」と寂しく言う。相手はお金に対してコンプレックスがある場合が多い。「世の中お金じゃない」と言ってくれる相手を本心では求めている。

「世の中、金じゃない」と相手が何度も言う場合→相手はお金の亡者です。

6、スケジュールはグレーにする

スケジュールはグレーです。困った時の答え方は「色々」です。

「色々予定があって・・・」「色々忙しい」で大丈夫です。

相手からデートの申し込みがあったら、1週間以上開けた1日を指定します。

予定が合わなければ「残念だわ」でさらっと流しましょう。

7、過去の男性関係について聞かれたら

貝のように口を開かない。一切答えない。自分に対して本気の男性であれば、本音は聞きたくないものです。

そしてあまり不躾に聞いてくるようであれば見切ります。相手にとって、週刊誌のネタになる必要はないからです。

徐々に更新、追記していきます。

(「★ホンモノの恋をしよう★〜ユキコ道Vol.2〜」より引用させていただきました)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする